三大都市圏オフィスビル重点型REIT

三大都市圏オフィスビル重点型REIT

MCUBS MidCity投資法人は、大阪圏のオフィスビルに重点投資するMIDリート投資法人として2006年8月東京証券取引所に上場(証券コード3227)いたしました。

2015年4月に、日本リテールファンド投資法人、産業ファンド投資法人の運用実績を持つ資産運用会社三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社が、本投資法人の資産運用会社であった旧MIDリートマネジメント株式会社のメインスポンサーとなり、商号をMCUBS MidCity株式会社に変更しました。

その後、2015年6月に開催された第6回投資主総会において、本投資法人の商号をMCUBS MidCity投資法人に変更すると共に、投資主価値の最大化を目指すため、投資対象エリアを、大阪圏から三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)中心に拡大しました。

2015年10月、大阪府大阪市から東京千代田区に本店移転し、新たな一歩を踏み出すとともに、中長期的な観点から、安定した収益の確保と着実な運用資産の成長を目指します。

本投資法人は、MCUBS MidCity株式会社と資産運用委託契約を締結し、本投資法人の規約および投資方針に基づいた資産運用業務を委託しています。資産運用会社の詳細は、資産運用会社のウェブサイトにてご確認ください。

MCUBS MidCity投資法人の特徴

  • 投資対象エリアは三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)中心
  • オフィスビルに重点投資
  • 海外不動産への投資も視野に
  • 2006年8月に東京証券取引所 不動産投資信託証券市場へ上場
  • 決算期は6月12月。分配金のお支払は9月と3月の年2回
  • 取引は1口単位で可能。3227が証券コード(東京証券取引所)
  • 資産運用会社のメインスポンサーは、三菱商事株式会社とUBSが出資する
    三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社
  • 資産運用会社のサブスポンサーは、関西電力株式会社が出資する関電不動産開発株式会社

page top